2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『神風特別攻撃隊』について

 神風特別攻撃隊という、人間の尊厳や倫理を無視(命令する側にとって。命令される側は超越と言い換えるべきであろう)して行われた、決死ではなく、必死の航空作戦(もはや、作戦と言えるものではない)があります。
 戦争末期には当たり前の航空作戦のように遂行されていましたが、一体、誰が考え、命令を下したのか。
 戦死した幾千の将兵は、戦後になってこれら自分達に死の命令を下した人達により、勝手な解釈により都合よく書かれた記録を読んで何と思うでしょう。(総ての記録がそうなわけではないが、決定版と流布されているものにその様な記録が多い)
 国家存亡の危機に、戦死した下級将校(その上、職業軍人より予備士官の方が断然多い)や下士官・兵にはノーブレス・オブリージュ(崇高な義務)があり、職業軍人でありながら、命令を下すのみで生き残った数多くの高級士官達には、それが無かったのか?(発案者とされている大西瀧治郎中将の自決を自らの免罪符としてしまったのだろうか?)。
 後に続くものを信じ、国体の護持と日本の勝利を望みながら、自らの命を捧げた崇高な精神と、それを命令した貧困な発想の精神とは同じものなのでしょうか?
 いうまでもなく、現在の国体と当時の国体は全くの別物に変わりました。当然、愛国心の発露も昔と今では違う形でしょう。
 しかし、過去・現在・未来とも、紛れも無くこの国に住む我々は日本国民であり、国家は日本国なのであります。良いことも、悪いことも、すべて、その国民の歴史なのです。
 都合の悪いことには蓋をして、都合の良い歴史解釈がまかり通れば、日本はまた、過去の過ちを何度も繰り返すことでしょう。
 
 私はこの記録を執筆するにあたり、あくまで客観的な記録の累積に努めました。
 どこの、誰が、どこで、どのように、どうなったか?を知りたい、記録したい。という私の中にある根源的な欲求がそうさせました。
 そこには、当事者でもなく、同時代に生きてもいなかった筆者の個人的な感情や感想など必要ないと思っているからです。
 現実世界の事実の積み重ねが歴史であるならば、そこに後から余計な夾雑物など加えないほうが良いに決まっています。
 
 生命を断絶された、膨大な氏名の羅列の中に、それぞれの人生や夢や希望や挫折が詰まっていることを、深く心に刻みたいと思っています。



 大西瀧治郎中将が神風特別攻撃隊を編成した当時の心境を詠んだ句

「けふ咲きてあす散る花の我身かな
  いかにその香を清くととめん」 



 大西瀧治郎中将の遺書

特攻隊の英霊に曰す
善く戦いたり深謝す
最後の勝利を信じつつ肉
弾として散華せり然れ
共其の信念は遂に達
成し得ざるに至れり
吾死を以て旧部下の
英霊と其の遺族に謝せ
んとす。
次に一般青壮年に告ぐ
我が死にして軽挙は利
敵行為なるを思ひ
聖旨に副ひ奉り自
重忍苦する誠とも
ならば幸いなり
隠忍するとも日本人た
る矜持を失う勿れ
諸子は国の宝なり
平時に処し猶ほ克く
特攻精神を堅持し
日本民族の福祉と世
界人類の和平の為
最善を尽くせよ

 海軍中将大西瀧治郎

 八月十五日 大西中将
  富岡海軍少将閣下
 御補佐に対し深謝す
 総長閣下に御託申上げられ度し
 別紙遺書青年将兵指導
 上の一助とならば御利用あり
 たし

 
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

出典について

以下のリンクを参照下さい。

「出典について」



当プログについて

以下のリンクをご参照下さい。

「当プログについて」



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

プロフィール

pico3298

Author:pico3298

滅亡して約60年たつ大日本帝国陸海軍の航空戦史を研究しています。
掲載する記事については、筆者として感情を移入せず、事実のみを積み重ねていくつもりです。専門用語や特殊な用語、略語が多く読みにくいでしょうが、ご一読下さい。
 
*当ブログはアメーバブログにて作成している「航空戦史雑想ノート」の増補改訂版です。
 
【お願い】
当ブログは筆者の個人的な見解です。掲載記事の無断転載と営利目的での使用はご遠慮下さい。

【pico3298の座右の銘】
「粗にして野だが卑ではない」



1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。ぜひご協力お願いします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。